2008年05月28日

【VF-1S】ストライクパック筋彫り1

毎日同じような記事が続いていますが(笑)、今日も筋彫りです。今日は背中に付くストライクパックです。ここも細かいモールドがわんさかあります。写真の赤丸の部分がそうです。

DSCF1278.jpg

写真だと分かりにくいですね。ちなみに緑丸で囲った部分はヒケです。処理を忘れないように備忘録として印しておきました。このパーツの先端に付くパーツ(2連キャノンではないほう)も細かいモールドがあります。

DSCF1280.jpg

嫌がらせか!というくらいに小さな四角が並んでいます。。。ここはさすがに無かったことにして消してしまうことにします。昨日の記事の屋根裏部屋の男さんのコメントにもありました通り、あまり細かいモールドが多くてもかえっておもちゃっぽくなってしまいそうですしね。


posted by まこっち at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

【VF-1S】脚ファストパック筋彫り

早く腕のファストパックにスミ入れして筋彫りの深さは適正だったのか見たいところなのですが、2度同じ色を調合する自信がないので(笑)、スミ入れは一気にすることにします。なので他ファストパックを進めるためにも今日は脚のパックの筋彫りを行いました。

そこで問題が、、、 写真の赤丸のところのような細かいモールドが結構あります。

DSCF1277.jpg

こんな細かいのケガキ針→デザインナイフでうまく彫るのは自分には無理。。。
う〜〜ん、どうしたもんか。「こんなモールドはありませんでした!」ってことにしちゃおうかな。とりあえずここは置いといて、他のラインモールドを彫っていくことにしました。
posted by まこっち at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

【VF-1S】2連ビームキャノン接着

全部接着終わったと思ってたら1つ忘れてました。背中のストライクパックに付く2連ビームキャノンです。ストライクバルキリーの1番の特徴ですね。これがあるからスーパーパックよりストライクパックのほうが好きなんです(・∀・)

その2連ビームキャノンですが、背中のパックに付く台となるパーツを最中割りになっているキャノンパーツで挟むようになっています。これは塗装しにくい。。。後ハメできるようにもうちょっと考えてほしかったです。

DSCF1272.jpg

台となるパーツはもう接着してあったので、キャノンパーツで挟んで接着したのですが、普段はドロッとしたほうの接着剤を使いますが、ここに使うと可動部分まで接着してしまいそうだったので流し込み接着材を使いました。

DSCF1273.jpg

この状態で2〜3日待ちます。ほとんどパーツが見えない(笑)
posted by まこっち at 13:53| Comment(4) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

【VF-1S】腕パック塗装

昨日からseesaaのRSSにウザイ広告が載るようになりましたね。鬱陶しいのですぐ設定変更をしましたが、RSSリーダーなどで表示されて「何だ、これ?」と思われた皆様、ご迷惑おかけしました。もう表示されていないと思います。最初、ウィルスかと思いましたよ。。。

で、バルキリーですが、筋彫りした腕パックにヤスリがけして塗装しました。まず、ヤスリがけですが、↓この写真の赤丸の部分にヒケがあったので、ここを重点的にヤスリをかけました。

DSCF1268.jpg

合わせ目消した面はもうヤスリがけしてあったので、400番は使わずに600番、1000番をかけました。そしたら塗装なのですが、手元にあるタミヤアクリルでイメージに合う色があるかな、、、と探してみたらありました。「XF-17 シーブルー」です。パーツの成形色と同系統の色でさらに彩度を落として黒に近づけた濃い青です。この色は私の中のストライクパックのイメージに合っていました。これを塗ったらこんな感じ。

DSCF1270.jpg

写真では黒っぽく写ってますが、実際はもう少し青いです。元からつや消しになっている塗料はいいですね。塗りムラが目立たないし(笑)、表面の艶が均一になってくれます。

posted by まこっち at 05:00| Comment(3) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

【VF-1S】腕パック筋彫り

昨日は疲れて寝ちゃってブログ更新できませんでした。すみません。。。

で、素バルキリーが完成したのでストライクパックを製作していきます。手始めに腕部分からです。というのも、ここが一番簡単そうだったから(笑)。この部分は合わせ目消しは終わっているので、まず筋彫りをしました。YF-23のとき、彫ったモールドが浅くて筆塗りするとうまくスミ入れできなかったので、今回はモールドを深く、幅広く彫ることにしました。

で、まずケガキ針でガリガリ削ってモールドを深くしていきます。

DSCF1264.jpg

そしたら次に、デザインナイフをモールドのラインに対して垂直に当てて削り、モールドの幅を広くしました。

DSCF1265.jpg

ここまでやっておけば筆塗りで塗装してもスミ入れできるのではないかと思います。
しかし、もうひとつ困ったことが。。。直線モールドだけでなく、円モールドがあるんですね。これが点ではなくて円のラインになったモールドになっています。●ではなくて○になっているということですね。

DSCF1266.jpg

これをデザインナイフで綺麗に彫っていく自信がありません。なので、これは円モールドではなくて点モールドなんだ!ということにします(笑)。そのために、普通であればピンバイスを使うと思うのですが、実はピンバイス持っていなくて、、、(汗) デザインナイフをモールドの中心に当てて、クルクル回すことで彫りました。

DSCF1267.jpg

あまり彫り過ぎたりすると点の大きさがマチマチになってしまいますので、そこを注意しました。割とうまくいったのではないかと思います。近いうちにピンバイス買ってこよ〜


posted by まこっち at 05:00| Comment(3) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

【VF-1S】素バルキリー完成!

トップコートもそろそろ乾いてきた頃だし、ということで組み立ててみました!

DSCF1260.jpg

うひょ〜!かっちょいい!!
プラモ作ってると、この瞬間が堪らないですね。真っ白だったパチ組み状態とは全然違います。まさにバルキリー!子供の頃テレビで観てたのはこれだよ!

DSCF1261.jpg

背面はこんな感じです。主翼のスミ入れ&デカールがいい感じで決まっています(自分で言うな 笑)。よく見ると右肩の黒い部分がちょっと塗装が剥げてしまいました。。。実は機首を胴体に付けるときに統合軍マークがベリッて半分剥がれたのは内緒です。ま、見えなくなる部分なのでそんなに気にはならないですが。でも、ちょっと悲しい。

ちなみに握り拳はまだ何もしていなくて、写真撮るときに何もないとアンバランスなので仮ハメしたものです。他にも塗り忘れ箇所がちょこちょこ見られますね。要修正です。

さぁ、この勢いでストライクパックも製作するぞ〜!

posted by まこっち at 05:00| Comment(5) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

【VF-1S】トップコート→乾燥

今日は午後から雨も止んで空が明るくなってきたので湿度なんか気にせずにベランダでトップコートしました。平日の昼間っからこんなことできるのも自由業だからこそ。自由業万歳!(笑)

で、これ↓が乾燥待ちのパーツ達。通称「パーツの森」

DSCF1258.jpg

乾燥ブースなんて高価な物は持ってませんので(笑)、部屋干しでございます。段ボールに入れておくだけでも違うのかもしれないですね。

まだストライクパックが出来てませんが、デカールが剥がれたら嫌なので素バルキリーだけでとりあえずトップコートしました。この写真見ながら「あれがこうなって、これがここに付いて、、、」とか考えてると、、、お〜バルキリー完成じゃないですか(笑)。ストライクパックも仕上げて早く完成と行きたいところです。


posted by まこっち at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

【VF-1S】もろもろデカール貼り

スミ入れの終わった主翼にデカールを貼りました。

DSCF1244.jpg

統合軍マークの周りの黒ライン、ちょっと空気が入ってしまってデコボコしてしまいました。これを綺麗に貼れるようにすることも今後の課題ですね。で、その統合軍マークですが、機首のほうは白地デカールを貼らずにマークを貼ったために下のスミ入れが見えていました。それがなんだか気持ち悪かったので主翼のほうは白地デカールを貼った上に統合軍デカールを貼りました。スミ入れってパネルラインの影になるところを表現しているので、本当はマークがあってもスミが見えなくちゃいけないのに、あると逆に不自然に見えるというところが不思議ですね。

で、この主翼、片翼だけで「NO STEP」が11枚。。。航空機モデルでは当たり前なのかもしれないのですが、とにかく疲れた〜 でも、だんだんデカール貼るのが楽しくなってきました。こういう小さなデカールが沢山貼ってあると、なんかかっこよく見えます。

ついでに尾翼にも、ロイ・フォッカーの機体番号「001」のデカールを貼りました。

DSCF1245.jpg

その尾翼パーツをバックパックに取り付け、背中に接着すると、、、

DSCF1248.jpg

ボディパーツの完成でございます!
さらに、ちっちゃい羽(まだ名前が分からん。。。)と先日塗装したクリアパーツを脚に接着し、膝の内部パーツをはめて膝カバーパーツを接着すると、、、

DSCF1249.jpg

脚が完成しました!膝部分ですが、内部パーツを差し込んでカバーを接着すると脚から外れないようになっています。「なるほど〜」とは思いますが、特に必要な配慮ではなかったように思います。

各パーツが完成したので仮組みすれば素バルキリーが姿を現すのですが、今パチパチやるとデカールが剥がれそうなのでトップコートするまで仮組みはお預けです。でも明日も明後日も雨なんですよね。。。
posted by まこっち at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

【VF-1S】主翼スミ入れ2

ようやく主翼2枚両面のスミ入れが終わりましたよ〜 あ〜肩こった(笑)

DSCF1237.jpg

ついでに頭部もスミ入れしてしまいました。

DSCF1239.jpg

頭部の製作の記事をここで書くの忘れていましたが、結構前に出来ていました。ちなみに、カメラ部分のクリアパーツは裏をシルバー、表をクリアグリーンで塗って、モナカ構造になっている頭部の合わせ目消しをしました。後頭部はうまくパーツが合っていなかったようで接着剤のところが透明になってしまいました。。。うっすら白く塗ってごまかさないとダメですね(笑)

あと、もろもろデカール貼ったら素バルキリーが完成です!

posted by まこっち at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

【VF-1S】主翼スミ入れ

一気に主翼をやっちまうぞ〜!と思ってたのですが、やっぱりマーカーでのスミ入れに手こずってしまい、結局デカール貼りまで行けませんでした。しかもスミ入れしたのは片方だけ。。。

DSCF1233.jpg

それにしてもこの主翼、胴体に比べてやけに短いような気がします。そこで同じくハセガワ製1/72スケールのファイター形態バルキリーの主翼と比べてみました。

DSCF1236.jpg

短い!というより小さい!(笑) 縮尺を間違えたかのようです。これじゃあ1/100だよ〜、ハセガワさん。でもバトロイド形態で主翼たたんでるとこのくらいのほうがスタイルがいいんでしょうね〜 そういえばヤマト製の変形モデルはバトロイドにしたときに後ろから見るとちょっと蝉っぽいですもんね。。。


posted by まこっち at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。