2008年04月30日

【F-14】尾翼筋彫り

引き続き、F-14の筋彫りでございます。YF-23のときに工程の写真を掲載したのですが、ハレーション起こしていたので、また載せてみます。

手順はマエストロさんに教えていただき、練習しながらの作業ですので参考になるかどうか分かりませんが、私はこうやっている、ということで。。。

まず、凸モールドに沿ってデザインナイフでなぞっていきます。

DSCF1128.jpg

あくまで軽〜くです。どうやら、ラインがまっすぐになるかよれよれになるかが、この作業で決まるようなので、慎重に、そして正確になぞるといいと思います。私はまだ時々よれよれになりますが(汗)。。。

そして、その切り込みに沿ってケガキ針でけがいていきます。

DSCF1129.jpg

これも最初は軽〜くです。で、筋ができてきたら段々力を入れていく、という感じです。ちなみに私は、先ほどのデザインナイフの作業は縦ですが、このケガキ針での作業は横方向にやっていくほうがやりやすいです。いきなり縦にけがくとラインから外れていくことが多々ありました。

全てのモールドにミゾが彫れたら400番でヤスリがけします。

DSCF1131.jpg

この尾翼のような平面に近い形の場合は紙ヤスリ、機首のような曲面にはスポンジヤスリを使っています。
これでほぼできたようなものなのですが、まだミゾが浅いモールドがあったり、縦と横のモールドがつながっていないところもあるので、再度ケガキ針で筋彫りしていきます。

DSCF1132.jpg

この時点でデザインナイフを使われる方もいらっしゃると思いますが、私はケガキ針のほうがやりやすいです。好みがありますので、どちらでもやりやすいほうで作業すればいいと思います。

あとは、600番、1000番でヤスリがけして表面をならしておけばO.K.です!
どうでしょうか?参考になりましたでしょうか?
posted by まこっち at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | F-14(休止中) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。