2008年09月06日

【武蔵】高角砲の製作

今日は高角砲(と、取説に書いてあった)の製作です。パーツをランナーから切り出し、ゲート、パーテーションライン処理です。こんなパーツ構成になっています。

DSCF1672.jpg

これらを使って、こういうように↓する訳ですが、

DSCF1673.jpg

接着するところがないんです、困った。普通なら「こことここが接して接着するんだろうな」という所があるはずなのですが、これにはどう考えてもありません。じゃあ、この機銃の成形は何なんだと(笑)。裏から見るとこんな感じです。

DSCF1674.jpg

結局、赤丸の辺りを流し込み接着剤で接着しました。きっちり面で接してる訳ではないので、ちょっと不安が残りますが。。。仕方ないですね。
で、完成はこんな感じです。

DSCF1675.jpg

合わせ目消したほうがいいのかな、とも思ったのですが、ここで砲の方向を変えるはずだと判断し(笑)、そのままにしておくことにしました。

DSCF1676.jpg

お〜 どんどん要塞っぽくなってきました。これ見て要塞って言ってるとロボダッチ思い出しますね(笑)

posted by まこっち at 05:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 戦艦 武蔵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まこっちさん、おはよう!
今日は定休日で、グータラしております(笑)

高角砲。。。プラパーでロケセットの動画アップしてるヤツですよ^。^
ほぉ〜武蔵はシールドが全部の銃座に付くんだ!

ところで。。。砲身を乗せる台がパーツに有りませんでしたか?
シールドに直接接着するなんて普通ありえない?!
Posted by 屋根裏部屋の男 at 2008年09月06日 10:20
おひさしぶりと思ったら、かなり出来上がってますね。
私はハセガワの「武蔵」は箱の横に写っている写真しか見たことが無かったのでこうして改めてみると中々のものだったんですね。
もちろん基本的に丁寧な仕事が有ってこそですが、私の方はエネルギーチャージにもう少し掛かりそうです(泣)。
Posted by マエストロ at 2008年09月06日 21:37
こんにちは、こちらは明日校区祭と言う
学校区の町内対抗運動会が有りまして、
バタバタしております。

高角砲に入りましたね、そういう構造になっているのは初めて見ました。
ひょっとすると、接着せず
可動式で仰角が変えて遊べるように
なっているのでは?と、
思ったのは私だけかな。

昔の艦艇模型は主砲がそうだったので・・・
Posted by つな吉 at 2008年09月06日 22:06
屋根裏部屋の男さん>

あのムービーのやつだったんですね!(笑)
これ、他にパーツがないんですよ。不思議です。直接接着するなんてあり得ないですよね。でも他に固定する方法がないんです(涙)


マエストロさん>

こちらではご無沙汰です!(笑)
まだ中央構造部の組み立てしかしていないので、まだまだこれからです。でも、こうやって徐々に姿を現してくるのは楽しいですね。
マエストロさんも「作りたくなったら作りたいものを作る」というゆる〜いスタンスで行きましょう!(笑)
模型はホビーですから楽しくなくっちゃ(笑)


つな吉さん>

今日は運動会ですか。お天気はもちそうですか?東京地方は今のところ晴れていますが。

可動式にするにしても銃身を留めておく所がないんですよね、、、不思議です。主砲のほうは可動式になっているようです。「パテで砲心カバー作ったら動きません」って書いてました。そりゃそうだ(笑)
Posted by まこっち at 2008年09月07日 11:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106083668

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。