2008年05月31日

【VF-1S】脚ファストパックヤスリがけ

「あるものでなんとかする」というのは私が以前ライブハウスで働いていた頃にP.A.(音響、及びその担当者のことを言いますね)の方から聞いた言葉です。この曲にはこのギターは合わないからもっとギターを買うとかエフェクターを買うとかそういうことではなく、今あるギター、エフェクター、アンプ、そして自分の腕でなんとかしてこその実力!という訳です。

出だしからいきなりプラモと関係ない話ですが(笑)、バルキリーのリベットモールドが細かくて昨日ダイソーで買ってきたドリルでは太すぎる、なので今あるものでなんとかしよう〜ということです。で、手元にあるツールでそれっぽくできそうなのはケガキ針、これでなんとかならないかな〜とやってみました。

ケガキ針をリベットモールドのところに当てて、クイックイックイッと3回転くらいさせて穴を掘りました。実際にやってみたのが脚のファストパックです。ちなみに写真は600番、1000番のヤスリがけを終えた状態です。

DSCF1292.jpg

例によって赤丸はヒケがあった箇所です。スナップフィットはダボのところがどうしてもヒケができてしまうようですね。
で、ふくらはぎのところに付くパーツは筋彫りを忘れていたので、ついでにモールド彫ってヤスリがけしました。

DSCF1293.jpg

こんなにアップで撮ると作業の粗さが分かっちゃうな〜(汗)。 その辺は突っ込まないようにお願いします(笑)。で、リベットのモールドですが、写真ではそれっぽくできてますが、掘った分のプラが外に出てないためすぐに埋まってしまいそうです。やっぱり0.3mmのドリル買ってきたほうがいいかな〜

posted by まこっち at 17:06| Comment(4) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

【ツール】ダイソーピンバイス

近所(と言ってもクルマで15分くらい)の100円ショップ「ダイソー」に行ってきました。東京とは言っても市部なので広〜いフロアでかなり充実した品揃えでした。そこでピンバイスが売っていたので買ってみましたよ〜

DSCF1289.jpg

100円ショップではありますが、ピンバイスは400円(税込み420円)でした。タミヤから出ているものだと1000円超えてますのでこれはかなりお得!ただ、ドリル刃が置いてなくて「まぁ〜 使えるでしょ」と思い、リューター用のドリルを買ってきました。それが写真右に写っているものです。ちなみにリューターは630円でしたよ。

で、帰ってきて早速使ってみました。

DSCF1290.jpg

ドリルはピンバイスにしっかりと留まって問題なく使うことができました。お金のないお父さんはこれで充分やん!(笑)

バルキリーのリベットのモールドを彫ってみたのがこれです。赤丸部分です。

DSCF1291.jpg

一番細い0.5mmを買ってきたのですが若干大きいような気がします。0.3mmがあればよかったのですが、欲しければちゃんとした(って変だけど)ドリルを買えってことでしょうね。
posted by まこっち at 17:39| Comment(7) | TrackBack(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

【VF-1S】2連ビームキャノン ヤスリがけ

先日接着した2連ビームキャノンがそろそろ乾いたころだと思うのでヤスリがけしました。ご覧の通り、流し込み接着剤なのに少しはみ出るくらいになってます(笑)。

DSCF1286.jpg

ガンガンヤスリがけしてモールドが消えたら悲しいので、まずは、ここのところ毎日やっている筋彫りを。このパーツはモールドが少なくて助かりました(笑)。モールドが彫れたら400番のヤスリで合わせ目を消していきます。パーツがうまく合わず段になっているところもあったので、タイラーを使って平面を出しながら削っていきました。

DSCF1287.jpg

この写真で分かりますでしょうか?合わせ目消したところのモールドが埋まってしまっています。当然と言えば当然ですが。。。この埋まった部分をデザインナイフとケガキ棒を使って復活させます。このとき私は、残っているモールドにデザインナイフを当ててまっすぐになるように切り込みを入れて、それをケガキ棒→デザインナイフでガリガリ削るという手順を取っています。その手順も写真を撮っておけばよかったですね。

で、パーツ全体に600番、1000番のヤスリをかけて表面をならしました。

DSCF1288.jpg

このパーツはもう塗装に入れますね。
posted by まこっち at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

【VF-1S】ストライクパック筋彫り1

毎日同じような記事が続いていますが(笑)、今日も筋彫りです。今日は背中に付くストライクパックです。ここも細かいモールドがわんさかあります。写真の赤丸の部分がそうです。

DSCF1278.jpg

写真だと分かりにくいですね。ちなみに緑丸で囲った部分はヒケです。処理を忘れないように備忘録として印しておきました。このパーツの先端に付くパーツ(2連キャノンではないほう)も細かいモールドがあります。

DSCF1280.jpg

嫌がらせか!というくらいに小さな四角が並んでいます。。。ここはさすがに無かったことにして消してしまうことにします。昨日の記事の屋根裏部屋の男さんのコメントにもありました通り、あまり細かいモールドが多くてもかえっておもちゃっぽくなってしまいそうですしね。


posted by まこっち at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

【VF-1S】脚ファストパック筋彫り

早く腕のファストパックにスミ入れして筋彫りの深さは適正だったのか見たいところなのですが、2度同じ色を調合する自信がないので(笑)、スミ入れは一気にすることにします。なので他ファストパックを進めるためにも今日は脚のパックの筋彫りを行いました。

そこで問題が、、、 写真の赤丸のところのような細かいモールドが結構あります。

DSCF1277.jpg

こんな細かいのケガキ針→デザインナイフでうまく彫るのは自分には無理。。。
う〜〜ん、どうしたもんか。「こんなモールドはありませんでした!」ってことにしちゃおうかな。とりあえずここは置いといて、他のラインモールドを彫っていくことにしました。
posted by まこっち at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

【プラモパーク】新コーナー開設しました

プラモ好きのためのコミュニティサイト「プラモパーク」に新コンテンツを追加しました。

「ネコにまなぶ超初級プラモ教室」です!(笑)
http://www.plamopark.com/modules/pico/index.php?content_id=2

ピクチャ-2.gif

なぜかプラモが作れるネコ先生にご主人がガンプラを習うという内容のムービーです。ここのブログをご覧の方はすでにプラモを製作されている方がほとんどだと思うのですが、「プラモパークに初心者向けのハウツーコンテンツが欲しい」という意見を多くいただいておりまして、ならばと作ってみました。「もっとこうしたほうがいいんじゃないの?」などご意見ございましたらお聞かせください!

posted by まこっち at 13:54| Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

【VF-1S】2連ビームキャノン接着

全部接着終わったと思ってたら1つ忘れてました。背中のストライクパックに付く2連ビームキャノンです。ストライクバルキリーの1番の特徴ですね。これがあるからスーパーパックよりストライクパックのほうが好きなんです(・∀・)

その2連ビームキャノンですが、背中のパックに付く台となるパーツを最中割りになっているキャノンパーツで挟むようになっています。これは塗装しにくい。。。後ハメできるようにもうちょっと考えてほしかったです。

DSCF1272.jpg

台となるパーツはもう接着してあったので、キャノンパーツで挟んで接着したのですが、普段はドロッとしたほうの接着剤を使いますが、ここに使うと可動部分まで接着してしまいそうだったので流し込み接着材を使いました。

DSCF1273.jpg

この状態で2〜3日待ちます。ほとんどパーツが見えない(笑)
posted by まこっち at 13:53| Comment(4) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

【VF-1S】腕パック塗装

昨日からseesaaのRSSにウザイ広告が載るようになりましたね。鬱陶しいのですぐ設定変更をしましたが、RSSリーダーなどで表示されて「何だ、これ?」と思われた皆様、ご迷惑おかけしました。もう表示されていないと思います。最初、ウィルスかと思いましたよ。。。

で、バルキリーですが、筋彫りした腕パックにヤスリがけして塗装しました。まず、ヤスリがけですが、↓この写真の赤丸の部分にヒケがあったので、ここを重点的にヤスリをかけました。

DSCF1268.jpg

合わせ目消した面はもうヤスリがけしてあったので、400番は使わずに600番、1000番をかけました。そしたら塗装なのですが、手元にあるタミヤアクリルでイメージに合う色があるかな、、、と探してみたらありました。「XF-17 シーブルー」です。パーツの成形色と同系統の色でさらに彩度を落として黒に近づけた濃い青です。この色は私の中のストライクパックのイメージに合っていました。これを塗ったらこんな感じ。

DSCF1270.jpg

写真では黒っぽく写ってますが、実際はもう少し青いです。元からつや消しになっている塗料はいいですね。塗りムラが目立たないし(笑)、表面の艶が均一になってくれます。

posted by まこっち at 05:00| Comment(3) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

【VF-1S】腕パック筋彫り

昨日は疲れて寝ちゃってブログ更新できませんでした。すみません。。。

で、素バルキリーが完成したのでストライクパックを製作していきます。手始めに腕部分からです。というのも、ここが一番簡単そうだったから(笑)。この部分は合わせ目消しは終わっているので、まず筋彫りをしました。YF-23のとき、彫ったモールドが浅くて筆塗りするとうまくスミ入れできなかったので、今回はモールドを深く、幅広く彫ることにしました。

で、まずケガキ針でガリガリ削ってモールドを深くしていきます。

DSCF1264.jpg

そしたら次に、デザインナイフをモールドのラインに対して垂直に当てて削り、モールドの幅を広くしました。

DSCF1265.jpg

ここまでやっておけば筆塗りで塗装してもスミ入れできるのではないかと思います。
しかし、もうひとつ困ったことが。。。直線モールドだけでなく、円モールドがあるんですね。これが点ではなくて円のラインになったモールドになっています。●ではなくて○になっているということですね。

DSCF1266.jpg

これをデザインナイフで綺麗に彫っていく自信がありません。なので、これは円モールドではなくて点モールドなんだ!ということにします(笑)。そのために、普通であればピンバイスを使うと思うのですが、実はピンバイス持っていなくて、、、(汗) デザインナイフをモールドの中心に当てて、クルクル回すことで彫りました。

DSCF1267.jpg

あまり彫り過ぎたりすると点の大きさがマチマチになってしまいますので、そこを注意しました。割とうまくいったのではないかと思います。近いうちにピンバイス買ってこよ〜


posted by まこっち at 05:00| Comment(3) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

【VF-1S】素バルキリー完成!

トップコートもそろそろ乾いてきた頃だし、ということで組み立ててみました!

DSCF1260.jpg

うひょ〜!かっちょいい!!
プラモ作ってると、この瞬間が堪らないですね。真っ白だったパチ組み状態とは全然違います。まさにバルキリー!子供の頃テレビで観てたのはこれだよ!

DSCF1261.jpg

背面はこんな感じです。主翼のスミ入れ&デカールがいい感じで決まっています(自分で言うな 笑)。よく見ると右肩の黒い部分がちょっと塗装が剥げてしまいました。。。実は機首を胴体に付けるときに統合軍マークがベリッて半分剥がれたのは内緒です。ま、見えなくなる部分なのでそんなに気にはならないですが。でも、ちょっと悲しい。

ちなみに握り拳はまだ何もしていなくて、写真撮るときに何もないとアンバランスなので仮ハメしたものです。他にも塗り忘れ箇所がちょこちょこ見られますね。要修正です。

さぁ、この勢いでストライクパックも製作するぞ〜!

posted by まこっち at 05:00| Comment(5) | TrackBack(0) | VF-1S(ほぼ完成) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。